本文へスキップ
  • アイコン

    送料無料

  • アイコン

    20日間のお試し期間

  • アイコン

    返品&返金保証あり

  • アイコン

    月額レンタルプランあり

介護の悩みランキングとは?介護でよくある悩みの解決方法を徹底解説

ご両親など要介護者を抱える方や、これから介護を行うことになりそうな方も多いのではないでしょうか。介護に対して、漠然とした不安を抱えている方も多いでしょう。

介護に携わる中で感じる悩みは、共通していることが多いといわれています。多くの介護経験者が抱える悩みを知っておくと、介護中の安心感や仲間意識が持てるかもしれません。

本記事では、介護経験者の多くが悩みと感じている点をランキング形式で紹介します。悩みを解決しない場合に抱えるリスクや悩み軽減のために取り組みたい事柄についても解説します。

介護時に利用できる便利ツールの利用についても解説するので、介護の負担を軽減するために、是非参考にしてください。

 

介護で大変だと感じる悩みランキングTOP3を紹介

介護経験者は、同様の悩みを抱えているケースが多いです。介護に関する経験や知識がない場合は、特に苦労を感じる場合も多いでしょう。

今回は、介護経験者の多くが抱える悩みの内容をランキング形式で紹介します。これから介護を経験する方や、すでに介護に携わっている方にとって理解できる内容と考えられるので、ぜひ参考にしてみてください。

第3位:精神的な負担

介護中、精神的な負担を悩みとする方が多いです。介護には、精神的に大きな負担が伴うケースが多いです。介護が始まると自分の時間が取りづらくなり、朝から晩まで介護に追われるケースも多いでしょう。

また、要介護者とのやり取りもストレスの要因になる場合が多いです。例えば認知症を患っている場合は、同じ話を何度も繰り返したり徘徊をする癖がついてしまったりして、以前のような通常のコミュニケーションが取れなくなってしまいます。

さらに、社会的孤立による介護うつや、介護者自身が認知症を引き起こすケースも少なくありません。精神的な負担は介護者自身にも悪影響を及ぼしかねない、リスクの大きな要素と考えられます。

第2位:排泄の介助

排泄の介助も、介護者が抱える悩みの要因となるケースが多いです。特に、介護者が男性の場合に大きな負担と感じる場合が多いと考えられています。他人の排泄の世話をすることに、大きな抵抗感を覚える方も多いでしょう。

要介護者の状態によって、排泄介助の内容や対応方法には違いがあります。おむつの着脱のみで対応が完結する場合もあれば、トイレに付き添って排泄の手助けを要する場合もあるでしょう。

排泄の介助にかかる負担を少しでも軽減するため、便利で扱いやすいグッズを積極的に活用すると良いでしょう。例えば、介護用おむつもテープタイプ・尿取りパッドタイプ・パンツタイプの3種類が一般的で、用途に合わせた使い分けが可能です。排泄の介助を悩みとする方が多いため、あらかじめ便利な介護ツールを確認しておくと良いでしょう。

第1位:コミュニケーションの確保

要介護者とのコミュニケーションの取りづらさについて、悩んでいる方が非常に多いです。言いたいことが伝わらない、あるいは相手の気持ちがわからないという点は、介護者において非常に大きな負担となっているのが現状です。

話し方次第で、相手も感情的になってしまうことも多く、コミュニケーションの確保は困難を極めます。特に、要介護者が認知症を患っている場合は意思の疎通がさらに取りづらくなってしまいます。

どうしても感情的な話し方になってしまい、お互いを傷つけてしまう経験をした方も多いでしょう。昔の健康な頃を思い出して、現状との違いについて受け入れられない感情を持つケースも多いです。難しいことではありますが、できるだけ冷静な状態を保ち、相手の気持ちを考えながらコミュニケーションを図る姿勢が大切です。

 

介護の悩みが解消されないと大きなリスクを抱えてしまう

介護者の多くが抱える悩みについて解説をしましたが、以上のような悩みに対して特に何もせず我慢しているとどうなるでしょうか。我慢が必要になる場面も、少なからずあるでしょう。しかし、苦しい気持ちを我慢しすぎると、介護者の方が力尽きてしまい共倒れになってしまいかねません。

介護の悩みを放置していると陥りやすいトラブルについて以下で紹介するので、大きな問題になる前に理解しておいてください。

介護疲れで介護者・要介護者が共倒れになってしまう

介護に関する悩みを解決せず長期的に我慢していると、介護疲れを強く感じて体調を崩してしまう恐れがあります。介護者が倒れてしまうと、要介護者も同様に生活を維持できなくなり、共倒れになってしまう可能性が高いです。

特に、近年は介護される側とする側が共に高齢者である「老老介護」のケースが増えています。若く元気な世代でも、介護は心身とも大きな負担となります。高齢者となると、さらにその負担は大きくなってしまうでしょう。

共倒れになってしまう前に、介護の悩みを少しでも軽減できる措置を講じる必要があります。周りに助けてもらえる人がいる場合は積極的に頼るのが良いでしょう。

参考:市町村・地域包括支援センターによる家族介護者支援マニュアル 出典元:厚生労働省

介護のために離職を余儀なくされてしまう

介護に要する時間と労力が大きいため、仕事の両立が難しくなり、退職を余儀なくされてしまう可能性が高まるのも大きな問題です。介護離職をすると、収入が減少してしまい経済的な負担が大きくなってしまいます。

一旦離職をして働いていない期間が長くなると、仕事に復帰するのが難しくなってしまいます。また、介護に時間を要して年齢を重ねると、再就職自体が難しくなってしまうでしょう。

介護者本人の問題に加えて、社会全体としても問題視されています。若年層が介護離職をするケースが増えている点は、労働力不足を招いてしまう点で、大きな社会問題とみられます。

介護をしながら仕事ができる環境を整備することとともに、介護サービスの充実を図ることが喫緊の課題です。介護離職を減少させることにより、社会全体に良い影響を与える点も重要なポイントといえるでしょう。

参考:【主張】介護離職が増加 仕事と両立可能な環境整備を出典元:公明党

 

在宅での介護の悩みを軽減するために取り組みたいこと

介護に関する悩みを抱えたまま我慢していると、大きなトラブルにつながってしまう恐れがあります。そのため、何らかの対策を講じるのがおすすめです。

介護の悩みを軽減するためには、どのような取り組みをすれば良いのでしょうか。要介護者と共倒れになる前に、できる限りの対策を講じると良いでしょう。

在宅介護における悩みを軽減するために取り組んでおきたいことについて、代表的なものを以下で紹介します。介護に疲れている人や、将来的な介護への不安を感じている方に参考になる内容ですので、ぜひチェックしてみてください。

自分1人で抱え込まない

介護に携わる人は、自分1人で抱え込まず、周りに頼れるものがある場合は積極的に活用しましょう。家族はもちろん、友人知人など助けになってくれる人を多く持っておくと安心です。

介護に携わる方の多くは、責任感が強く自分でどうにかしないと要介護者が困ってしまうと考える傾向にあります。そのため、実際はかなり厳しい状況に追い込まれていたとしても、周りに助けを求めず自分で抱える傾向にあります。

1人で介護を抱えると、前述のように共倒れになってしまうリスクがあるため、危険です。介護そのものは自身で行うとしても、親戚や友人知人などと情報を共有できるだけで精神的な負担は軽減できるでしょう。

介護は、1人で抱えることなく可能な限り周りに情報発信をして、協力してもらえる場合は積極的に周りを頼りましょう。

介護サービスの利用を検討する

家族や親類及び友人知人で頼れる人がいない場合は、介護サービスの利用を検討するのもおすすめです。介護保険の適用を受けるためには、要介護認定を受ける必要があるため、まずは居住地の自治体に相談することから始めましょう。

要介護認定を受けられた場合は、専任のケアマネージャーがサポートについてくれます。自分1人で介護をしていた状態から解放され、負担を大幅に軽減できるでしょう。また、自分の時間が確保でき、精神的な負担も解消できる効果が期待できます。介護離職を回避できる点としても、大きなメリットとなります。

外部の介護サービスを利用する際は、保険適用の範囲および予算についても考慮しながら利用を検討する必要があります。有料サービスの利用を必要とする場合もあるため、十分にサービス内容を確認しながら利用を決めましょう。

在宅介護に有効なツールの利用を検討する

在宅介護で便利に利用できるツールを取り入れることで、負担を軽減できる場合があります。近年は、在宅での介護者を支援するツールが販売されており、その内容や種類は多岐にわたっているため、積極的に活用しましょう。

例えば、自動で起き上がれる機能付きのベッドや目的に合った多種類のおむつ、要介護者がボタン1つで介護者に連絡を取れるコールボタンなどがあります。安価なものでも、性能に優れているツールは多くあります。自身が困っている状況に適したサポートアイテムを取り入れると良いでしょう。

在宅での介護は、介護者に大きな負担となってのしかかります。少しでも負担を軽減するため、状況に合った便利なツールを取り入れて活用しましょう。

 

介護のお悩み解決に「みまもりボタン キテネ」はおすすめ

介護の負担を軽減するためのポイントについて解説をしましたが、特に近年は便利なツールが多く販売されています。活用できるツールは積極的に取り入れて負担を軽減しましょう。

今回は、様々なツールの中で特におすすめの物を紹介します。アンカードシステム株式会社が製造販売する「キテネ」という商品です。キテネの性能や活用方法、および安心の保証制度について紹介するので、導入を検討してみてください。

 

詳細はこちら

 

3種類のメッセージをLINEに送信可能

キテネでは、ボタン1つだけで3種類のメッセージを介護者にLINEで送信する機能があります。難しい操作は不要で、メッセージを介護者に送れる便利な機能です。

3種類のメッセージは、ボタンの押し方で区別ができます。「1回押し」、「2回押し」および「長押し」の3種類です。あらかじめ設定したメッセージが、簡単操作で介護者にLINEメッセージとして送信できます。

LINEへの送信であるため、グループ設定にしておくと複数人に同時にメッセージが届けられます。複数の介護者あるいは関係者でメッセージが共有できるので大変便利です。

簡単操作で3種類のメッセージが送信できるのは、端末操作が難しい要介護者にも取り入れやすいツールといえるでしょう。

受信機なしで外出先でもメッセージを受け取れる

キテネでは、専用の受信機なしでメッセージが受け取れます。LINEでのコミュニケーションが実現するため、外出先からもメッセージが受診できるのが強みです。

これまでのコールサービスは、ナースコールのように配線が必要であったり据置型のタイプであったりするのが一般的でした。しかし、キテネの場合はスマートフォンを利用している方であればすぐに導入が可能です。

キテネは専用受信機など事前準備を必要とせずすぐに導入が可能な便利なツールです。仕事をしながら介護に携わる方の強い味方となってくれるでしょう。

お試し期間・返品および返金保証・レンタルプランなど安心設定がある

キテネでは、お試し期間が設定されており、20日間無料で利用することができます。興味はあるものの実際に使ってみて自分に適してないかもしれないと不安に思う方にとっては、魅力の保証といえるでしょう。

また、実際に導入した後気に入らなかった場合は、無料での返品・返金保証が付与されている点も安心感につながります。実際に使ってみてから後悔するケースもあるかもしれませんので、返品できる保証は魅力的です。

さらに、購入だけでなく割安で導入できるレンタルプランも用意されています。月額制で格安での導入が可能であるため、いきなり高額の費用を支払って購入するのに抵抗がある方は、まずはレンタルで利用してみると良いでしょう。

キテネは、お試し期間や返品・返金保証およびレンタルでの活用など、気軽に試せる設定がされている安心サービスです。

介護の悩みランキングを参考に適切な対策を講じよう

介護経験者は、共通して同じ悩みを抱えているケースが多いです。特に、精神的な負担・排泄の介助・要介護者とのコミュニケーションの難しさを悩みとして抱える方が多いとされています。

介護における悩みを放置していると、介護者に掛かる負担が大きくなりすぎてしまい、要介護者と共倒れになってしまうリスクがあります。1人で抱え込まず、介護関連のツールを採用するなど、負担を軽減する方策を検討しましょう。

介護ツールの中では、アンカードシステム株式会社の「キテネ」がおすすめです。簡単操作で3種類のメッセージがLINEで送信でき、外出先でも受信が可能です。各種保証も充実しているため、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。

 

詳細はこちら

 

カートに追加されました