本文へスキップ
  • アイコン

    送料無料

  • アイコン

    20日間のお試し期間

  • アイコン

    返品&返金保証あり

  • アイコン

    月額レンタルプランあり

高齢者一人暮らしの問題点とは?不安に感じる現状や問題点と安心の対応策について徹底解説!

現在、両親がご高齢で一人暮らしをしていて不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。

高齢化が進んでいる中、介護施設を利用する方が多く、ご高齢の両親がなかなか入居できずに一人暮らしをしていて、不安な毎日を送っている方が多い状況にあります。

そこで本記事では、高齢者の一人暮らしに関する問題点についてお話します。ご家族が不安に感じる現状や問題点について詳しく解説します。

解決策や活用できる支援サービスについても紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

 

高齢者の一人暮らしが増加する現状

年々、高齢化が進んでいて問題視されています。国民生活基礎調査によると、65歳以上の者のいる世帯について見ると、令和元年現在、世帯数は2,558万4千世帯と、全世帯(5,178万5千世帯)の49.4%を占めていて年々増加しています。

65歳以上の一人暮らしの者は男女ともに増加傾向にあり、昭和55年には男性約19万人、女性約69万人、65歳以上人口に占める割合は男性4.3%、女性11.2%でした。しかし、平成27年には男性約192万人、女性約400万人、65歳以上人口に占める割合は男性13.3%、女性21.1%となって増加傾向にあります。

65歳以上のひとり暮らしの高齢者の男女の割合は、女性が7割近くを占めています。さらに、85歳以上の一人暮らしが2割程度占めています。

参考:令和3年版高齢社会白書 出典元:内閣府

参考:高齢者の独居問題 出典元:公益財団法人長寿科学振興財団

 

高齢者一人暮らしで起こる問題点は?

現在、社会問題となっている高齢者の一人暮らし問題。先程お話した通り、日本では高齢化が増え続けています。

そのため介護施設は利用者で溢れています。今もまだ入居できずにご高齢で一人暮らしをしなければならない状況にある方が多いのも現状です。

高齢者の一人暮らしは様々なリスクが伴うため、この状況に不安を抱えているご家族も多いのではないでしょうか。

この章では、高齢者が一人暮らしをすることにより起こる問題点とリスクについて詳しく解説します。

孤独死

高齢になると友人や知人との交流が減少し、家の中に引きこもりがちになります。体調が悪くなっても誰にも言わず、誰にも気付かれないまま孤独死をした方も少なくありません。高齢の孤独死は年々増加しており、東京では約10年間で2倍近く増えています。

このような孤独死は男性に多い傾向があります。男性の方が女性に比べて家事が苦手だったり近所付き合いが苦手な方が多いことが原因とされています。

近所付き合いが希薄化してきた現代、核家族化によって高齢者だけで生活している家庭が増えたことも孤独死が増えている原因として挙げられます。

参考:死因別統計データ 出典元:国土交通省

介護度が上がる

認知症は自覚がないため自分だけでは気付くことが困難です。同居人がいれば認知症の可能性に気付きやすいのですが、一人暮らしをしていると会話をする機会が減るため認知症が進行してしまうリスクも高まります。

認知症が進行すると、家族や友人のことを忘れてしまったり直前の自分の行動を思い出せなくなる記憶障害に陥ったり、判断力の低下や運動機能障害や、言語障害、さらに時間や場所などがわからなくなる見当意識障害を患います。

判断力などが低下してしまうと、コンロの火を消し忘れてしまったり薬の飲み忘れや飲みすぎてしまうといった恐れもあり、命に関わる危険性もあります。

詐欺や犯罪、消費者トラブルに巻き込まれる

近年、高齢者を狙った詐欺や犯罪、消費者トラブルなどが増えています。高齢者が巻き込まれやすい犯罪やトラブルの例として、以下のようなものが挙げられます。特に一人暮らしの高齢者の方が被害に遭いやすいため注意が必要です。

  • オレオレ詐欺
  • 定期購入トラブル
  • 悪質リフォーム
  • 架空請求
  • 訪問販売
  • 投資詐欺
  • ワンクリック詐欺

このような様々な手法で詐欺を行ってくるので、判断能力が低下している認知症の方は特に注意が必要です。

参考:高齢者の消費者被害 出典元:独立行政法人国民生活センター

生活意欲が低下する

一人暮らしをしていると社会交流を持つ機会が少なくなってしまったり、趣味を共有する相手がいなかったりと、段々と生きがいが感じられなくなってしまい生活意欲が低下してしまいます。

普段、誰かと顔を合わせることもなければコミュニケーションをとる相手もいないと身だしなみを気にする習慣がなくなります。そうなると、食事や入浴、掃除などの基本的な家事すら疎かになり、QOLの低下に繋がります。

趣味に没頭したり社会交流を持つことは生活意欲を高めることに繋がります。社会活動に参加するなど積極的に行い、生活にメリハリをつけることが大切です。

健康や病気の不安が生じる

高齢になると病気について考えるようになり、自分の健康状態に不安を覚える方も多いようです。特に、一人暮らしの方は急な病気やケガに見舞われた際にすぐに助けてくれる人がいないといった不安が大きいものです。

例えば、自宅で倒れてしまった際に一緒に住んでいる家族がいればすぐに気付いて救急車を手配するといった対応ができますが、一人暮らしの場合はそうはいきません。

年を重ねるごとに運動機能は低下していくため、自宅で小さな段差に躓いて転倒するなど予期せぬケガをする恐れもあります。事前に病気やケガなどの緊急事態に備えて対策をとっておくことが望ましいです。

自然災害の発生に対処できない

一人暮らしの場合、自然災害が発生したときに自力で対処するのは難しいです。避難が必要になった際に誰にも頼ることができず、避難するタイミングを逃してしまうことも十分に考えられます。

日本は自然災害が多いので、普段から備えておくことが大切です。また、地域住民との繋がりを持っておくことで助け合える関係性を築いておくと、いざというときに安心です。

 

高齢者一人暮らしを続ける解決策やサービスは?

このように、高齢者の一人暮らしは様々なリスクが伴うため、高齢者の命を守るためにも一刻も早く解決したいものです。

高齢者が安心して生活するにはどのような対策をとれば良いのでしょうか。

この章では、高齢者の一人暮らしの問題点に対する解決策や、利用できるおすすめのサービスについて解説します。

家族と同居もしくは施設入所

まず第一に、高齢者の一人暮らしの解決策として家族と同居するという意見が挙げられます。家族が一番の理解者であるので、本人も信頼している家族と一緒に居られると安心です。

家族と同居することで、体に異変があったときにすぐに気付いて対応してもらえるし、逆に異変を伝えられるといったメリットがあるので同居を検討するのも選択肢の一つです。

栄養状態の悪化や認知症の発症、歩行困難など一人暮らしが困難な状態の場合には医療ケアや介護サポートが受けられる施設に入所した方が安心安全です。

成年後見制度を利用する

成年後見制度とは、金銭管理や契約手続きなどを後見人に代行してもらえる制度のことです。

家庭裁判所で後見人を選定、または事前に自分で後見人を選定することも可能です。

高齢や認知症になると判断力が低下するため、自分ですべての手続きをすることは困難です。成年後見制度は、このような一人で決めることに不安のある方々を法的に保護し、ご本人の意思を尊重した支援を行い、寄り添ってくれるような制度でもあります。

積極的に社会的交流をして人と関わる

高齢者の一人暮らしの問題点として、人との交流が少なくなってしまうことも挙げられます。そのため、近隣住民との付き合いや友人との交流などに積極的に参加し、人とコミュニケーションをとる機会をつくることが大切です。

しかし、きっかけがないとなかなか一人で参加する勇気は出ないと思います。趣味の集まりや町内会、地域のイベントなど開催されていたらご家族と一緒に参加するなどして社会的交流を持つことをおすすめします。

自治体の高齢者向けサービスを利用する

各自治体では、一人暮らしの高齢者の方が利用できる支援サービスというものを行っています。

サービス内容は、安否確認や外出支援、金銭管理まで行っています。例としては、外出支援や安否確認、配食サービス、ゴミ出しのサポートなどを活用することができます。

その自治体によってサービス内容は異なりますが、家族や利用者が安心して生活できるような見守り体制をとっています。しかし、公的サービスではないため利用者が代金を負担する必要はありますが、利用者に異変があった場合はすぐに家族に連絡をしてくれるので安心です。

介護保険サービスを利用する

デイサービスやショートステイを利用することも解決策の一つとして挙げられます。週に何度か自宅で専門家のサポートを受けられるため、他人との交流が増え、生活の楽しみも増えます。

ちなみに、介護保険制度のサービスを受けるには要介護認定の調査と判定が必要となるため、地域包括支援センターや自治体窓口に相談しましょう。

地域包括支援センターでは、ケアマネージャー、社会福祉士、保健師などが常駐しているため、専門的な立場からサポートを行っています。自宅に来てくれるため、どんな小さな困りごとでも相談にのってくれます。

見守りサービスを利用する

人の目があると安心ですが、24時間付きっきりでサポートするのも難しい話です。そこで、見守りサービスというものがあります。

見守りサービスは、IT技術を活用してセンサーで自宅を監視するサービスです。見守りサービスには以下のものがあります。

  • センサー型:自宅のよく通る場所に設置し、一定時間センサーが感知せず室内での動きがない場合につき、異常信号が送信される
  • ボタン型:自宅に非常ボタンを設置し、緊急時にボタンを押すとセキュリティ会社のスタッフが駆けつけてくれる
  • ペンダント型:ペンダント型の通報ボタンを首からかけておくもの、急なケガや体調が急変した際にボタンを押すとセキュリティ会社や家族に連絡がいく

こうした見守りサービスを利用することで高齢者や家族にとっても安心に繋がるのでおすすめです。

 

支援サービスなら「キテネ」がおすすめ

ここまで高齢者の一人暮らしの問題点と解決方法についてお話してきましたが、人の目がある安心感が一番です。

しかし、介護施設への入居を拒んだり、地元を離れて家族と同居する選択肢も高齢者にとっては居心地が良いものではないようです。

そこで、自宅に設置できるおすすめの見守りサービスがあります。「キテネ」という商品です。この見守りサービスは、実際に家族が介護を経験する中で感じた困ったことを解決するために開発された商品です

 

詳細はこちら

 

みまもりボタンキテネの特徴

キテネのボタンは、主に3つの動作に対応していて、「1回押し」「2回押し」「長押し」の3段階になっています。1つの製品につき3種類までメッセージを登録できるため、スマホの操作が苦手な方でも、簡単にメッセージを伝えることができます。

また、送信したメッセージはLINEグループで共有することが可能です。複数で介護をしている場合には、その都度連絡をしなくても同時にメッセージが届けられるのでとても便利です。

キテネでは、Wi-Fi環境がなくてもメッセージが受け取れるようになっているので、外出先でも安心して使えるところが強みです。

さらに、専用の受信機を用意する手間もないため、すぐに使い始めることができます。キテネはスマホ操作が難しい高齢者向けの便利なツールとなっているため、試してみてはいかがでしょうか。

みまもりボタンキテネは試しやすい

キテネでは、お試し期間を設けています。20日間のお試し無料になっていますので、試してみたいものの使ってみて合わなかったらどうしようとお悩みの方にぴったりの保証です。

一度試してみてさらに継続してキテネを利用したいという方は、月額レンタルプランと購入プランを選択することができます。まだ購入を検討したいという方はひとまずレンタルプランで様子を見てみてはいかがでしょうか。

このようにキテネは、無料でお試しができたり、レンタルや返品・返金保証も対応しているので気軽に利用できるところが魅力的です。

 

高齢者1人暮らしをサービスで見守ろう

日本は少子高齢化の影響により、高齢者の一人暮らしが年々増加しています。社会交流の希薄や病気への不安、急病やケガが起こったときへの対応など様々な不安が生じます。

自治体や介護サービスを利用したり家族と一緒に住むなど、人の目があった方が利用者もその家族も安心に繋がります。

しかし、介護施設では利用する高齢者が多くすぐに入居できない状況だったり、家族が遠方に住んでいて同居が難しかったりと、今すぐには一人暮らし問題を解決できない方にも見守りサービスがおすすめです。

中でもキテネの見守りサービスはスマホ操作が苦手な高齢者でも簡単に操作でき、家族や介護に携わる関係者にメッセージを送信できるため、何かあったときにもすぐに対応できる安心感があります。

見守りサービスを利用することでいつどこにいても安心に繋がりますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

詳細はこちら

 

カートに追加されました