本文へスキップ
  • アイコン

    送料無料

  • アイコン

    20日間のお試し期間

  • アイコン

    返品&返金保証あり

  • アイコン

    月額レンタルプランあり

介護のモニタリングとは?単身高齢者の増加の問題点や現状と対策について解説

日本は高齢化社会と言われています。年々高齢者が増えているというニュースは1度は聞いたことがあるでしょう。

高齢者は増えているが、単身者が増えており介護する側が減っているのも現状です。介護する側にも生活があります。負担が多いと介護できないとなってしまうでしょう。

介護する側に負担をかけずに、単身で生活している方を支える方法は今後課題になっています。

本記事では、高齢者の増加から住まいの現状について数字も交えて解説しています。高齢者が安心して生活できるような対策を国がどのようにしているのか?個人でできることはないのか?について解説しています。

個人で介護のモニタリングができるみまもりボタン「キテネ」というツールについても紹介していますので参考にしてください。

 

高齢者世帯や単身者の増加

日本は高齢化社会と言われています。実際に高齢者世帯は年々増加傾向です。2015年では1250万世帯ほどでしたが、2030年には高齢者世帯が1500万世帯になると予想されています。そのうち単身の高齢者は800万世帯になる見通しです。

年齢別の単身者は、75歳以上も年々増加して今後も増えていくと予想がされています。

親子で同居が出来たり、うまく老人保健施設が決まればよいのですが、自宅で過ごす場合どのようにケアして住んでいくのか対策が必要になります。

高齢者世帯が増えている中、高齢者の住まいの現状はどうなっているのでしょうか? 次で解説していきます。

参考:高齢者世帯について 出典元:国土交通省

 

高齢者の住まいの現状

現在の高齢者の住まいは、夫婦で住んでいる場合は9割が持ち家です。また、単身の高齢者も7割が持ち家に住んでいます。

しかし、高齢者であるため年々介護を必要とする可能性が上がります。結果、1人での生活が難しい傾向です。さらに同居以外で頼れる人が他国と比較しても日本は低い傾向にあります。

ただ、高齢者に「終活期に住みたい所は」のアンケートによると、その時に住んでいる家を求める声が7割を占めたのです。つまりギリギリまで家で過ごしたい高齢者が多いことがわかります。

家族以外に頼る人は少ないが、できれば住み慣れた家で過ごしていきたいという願望のある高齢者が多いです。高齢者が安心して過ごし続ける環境を対策することが重要になっています。

参考:介護保険制度をめぐる最近の動向について 出典元:厚生労働省 老健局

 

高齢者が安心する住まいの対策

高齢者の現状からも安心して住む環境設定が重要です。安心して暮らすには以下の対策があります。

  • 家族と同居
  • 施設で過ごす
  • 家の環境整備

どれも高齢者が安心して暮らすには重要な対策です。それぞれについて解説していきますので、参考にして下さい。

参考:高齢者世帯について 出典元:国土交通省

家族と同居

1番最初に浮かぶのが、子供や孫など親族と一緒に同居することです。気心もしれているため、安心して生活することができます。喋る相手がいることで認知機能の面でも良い選択肢です。

金銭面の負担は施設に入所するなどよりも少ないですし、常に目が届いているため緊急時の対応も早急に行うことができます。

ただ、住む場所の確保を行うためのリフォーム金銭面の負担もゼロではないため、自分を介護する負担を子供や孫に強いることになります。

施設や見守りのある賃貸に住む

もう1つ浮かぶのが老人保健施設などに入所することです。常に介護士や看護師などが対応しています。医療機関と連携するので対応や緊急時には安心して任せることが可能です。

ただ、外出がすんなりできないなどデメリットもあります。 他にも、最近では国も対策を講じており、見守り付き賃貸の創設を促しています。自宅でもないが老人保健施設ほど不自由さが少ないです。

まだまだ少ないですが、新たな選択肢になりえるかもしれないです。

どちらも金銭面で不安がある場合に、子供や孫などに負担をかける可能性があります。

参考:「見守り付き賃貸」創設 単身高齢者ら入居しやすく 出典元:時事ドットコム

家の環境整備

家で継続的に住みたい方には、環境整備を見直すのも1つの方法です。以前から住んでいるため、導線や物の位置も把握しているため生活することができます。

しかし、何かがあった際には家族がすぐかけつけることが出来ないです。その際に、家族に伝えるツールを揃えてあげることで緊急時の対応ができ生活を継続することができます。

終活期に7割の人が自宅で生活したいことを考えると、まずは見守りや連絡ツールを活用しましょう。 環境整備には簡単に活用できるIoTがおすすめです。

 

単身の高齢者にはIoTを用いるのがおすすめ

IoTはInternet of Thingsの頭文字を取った言葉です。ネットを通じて相互に情報交換ができる仕組みで、遠隔で家族を守るサポートができます。

サポート内容は以下の通りです。

  • 見守りのサポート
  • コミュニケーションのサポート

まずは、2つのサポートがあることで、どのような効果があるのか紹介していきます。

見守りのサポート

IoTを用いることで、離れていても健康状態や安全に過ごしているかなど遠隔で確認できます。IoTを活用することで遠くにいても、何かあった際にすぐわかることが可能です。

IoTがあると見守りが少なくなり、家族の介護負担の軽減につながります。単身で住んでいる人にとっても緊急時に対応してくれるため、安心して生活できます。

人感センサーやスマートセンサー、人感のLED電球などが見守りサポートをしてくれます。

コミュニケーションのサポート

IoTを用いていることでコミュニケーションツールにもなります。遠方にいながらも会話をすることが可能です。

単身だと会話することが減り、孤独による不安を引き起こします。また、会話することによる認知機能の予防にも活用できます。

スマートディスプレイやロボットなどがあります。

その中でも当たり前のツールになっているLINEへ通知がいく「キテネ」もおすすめです。

 

みまもりボタン「キテネ」はボタン1つで家族へ連絡

「キテネ」は見守りとして活用しながらコミュニケーションツールとしても機能しています。

「キテネ」は身に付けるタイプで、外出やどこにいても家族に連絡が可能です。また、ボタン1つのみで家族へ連絡が行く簡単操作で説明もそれほど必要なく試しやすいのも特徴の1つです。

詳しい特徴について解説していきます。

 

詳細はこちら

 

みまもりボタン「キテネ」の特徴

みまもりボタン「キテネ」の特徴は、ボタンの押し方によって連絡する内容に変化を与えることができることです。1回押し・2回押し・長押しの3種類を用いてLINEやEメールに登録した内容のメッセージの送信が可能になります。

LINEグループを作っておけば、家族などグループ内で情報共有ができます。スマホでメッセージを受け取ることができるため、介護する側の負担が少ないです。

また、みまもりボタン「キテネ」を使用する単身側の方は、操作が容易に行えることはもちろんですが、重さもなく身に付けておくことができます。そのため持ち運ぶことへの身体への負担も少ないです。

みまもりボタン「キテネ」は試しやすい

みまもりボタン「キテネ」は試しやすいのも特徴の1つです。

スマホなどの操作が苦手な方にも、操作が簡単なため、使う側も覚えやすいです。3種類のメッセージは事前に家族が登録することで、後は操作するだけになります。

加えて、20日のお試し期間があるため試してみるには最適です。月額プランも購入プランも取り揃えているため、まずは数か月継続してやってみることも可能です。

1度購入して、使う事が無かったなどのリスクを「キテネ」は抑えています。また普段使用しているスマホで行えるため、特に準備する物がないのも家族にとって導入しやすいツールです。

 

単身家族にはIoTを用いて見守っていこう

高齢者が年々増加している中、単身の高齢者も増えています。家族としては単身で生活を継続していく際に、心配もあります。健康状態の悪化や緊急時など、何かあった際にはすぐわかるような対策を講じる必要があります。

単身の生活を継続していくためには、IoTを活用して環境整備を行うのがおすすめです。人感センサーやディスプレイなど色々なツールがある中で、導入しやすいのはみまもりボタン「キテネ」です。

操作方法はボタン1つと簡単で、家族も準備する物もなく、単身者や介護する側にとっても負担が少ないです。

「キテネ」はお試し期間を設けているので、単身の介護で悩んでいる方は一度検討してみるのをおすすめします。

 

詳細はこちら

 

カートに追加されました