本文へスキップ
  • アイコン

    送料無料

  • アイコン

    20日間のお試し期間

  • アイコン

    返品&返金保証あり

  • アイコン

    月額レンタルプランあり

介護時のわがままの対応方法とは?心がラクになる「わがまま高齢者」の対応方法について解説

高齢家族のわがままな言動にお困りではないでしょうか。

慣れない介護で「言うことを聞いてもらえない」「どう対応して良いかわからないと」、ストレスを溜めてしまっていませんか。

実はわがままな言動は、本人でさえ老化や病気で感情のコントロールがうまくできていないことが原因の可能性が高いのです。

そのため、わがままな言動に対し、感情的に接してしまうと逆効果です。

そこで本記事では、高齢者が起こす「わがままの理由」を読み解き、適切な対応をするための方法を紹介します。

本記事を読むことで、介護で疲れた心がラクになり、わがままの低減や信頼関係を築く手助けとなりますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

わがままな行動の理由を理解しよう

わがままな言動に対処する前に、わがままな行動をしてしまう理由について考えてみましょう。

そのためには、高齢者の症状や性格を把握し、高齢者の立場で想像することが大切です。

わがままな言動の本当の目的は家族を困らせることではないのかもしれません。わがままな言動の理由がわかれば、自然と対応方法も変わってくるはずです。

わがままを言う理由

わがままな言動を取る大きな要因として次の3つが考えられます。

  • 病気や障害により感情のコントロールができない
  • 環境変化による不安や寂しさ
  • もともとの性格

例えば、認知症や精神疾患を患っていると、脳の機能が低下し、感情のコントロールが難しくなるため、本人が意図しない言動をしてしまう場合があります。

また「介護される」という環境変化や、老化により自分で思うようにいかないことが増え、不安や寂しさなどで、家族に八つ当たりすることもあるでしょう。

このような事情を想像することで、わがままの裏に隠れた理由を理解しやすくなるでしょう。

わがままに対する心構え

次に高齢者のわがままと向き合うために大切な心構えを3つ紹介します。

  • 「わがまま」を病気や症状の一種と捉える
  • 相手を尊重し共感の態度を示す
  • 感情的に反応しない

わがままを一時の感情と捉えず、一種の病気や症状だと認識すると、わがままに対する考え方や対応が変わってくるでしょう。

また相手を尊重して共感することも大切です。高齢者は環境変化による不安から、わがままな言動をとったり、家族に八つ当たりすることでストレスを解消をしている可能性が高いため、感情的に反応してしまっては逆効果です。

まずは高齢者の話に耳を傾け、共感の態度で接することで適切なコミュニケーションをすることができます。

 

介護におけるわがままの対応方法

わがままな言動に対する対応方針を検討するうえで、高齢者の症状や性格を把握することを強くおすすめします。

なぜなら、わがままに対して感情的な対応や、場当たり的な対応をすると、わがままな態度を悪化させてしまう可能性が高いからです。

また、検討した対応方法がうまくいかない時も、絶対にやってはいけないことがありますので、注意しましょう。

適切な対応を検討するうえで、高齢者がわがままな言動をしてしまう理由の把握や、心構えができていないと、的外れな対応となってしまいますので、前項「わがままな行動の理由を理解しよう」を、お読みになっていない方は、ぜひ記事に戻ってから対応方法をご覧いただくことをおすすめします。

性格や体調・病気を理解する

まずは、わがままな言動をする要因を把握することから始めてみましょう。

もともとの性格が要因で八つ当たりしているだけなのか、認知症や障害が要因で、わがままな言動をとってしまうのかでは対応が変わってきます。

本人の性格が要因の場合は、共感を示し信頼関係を根気強く築いていくしかありませんが、以下の代表的な病気や障害が要因であれば効果的な対応策を検討できます。

  • 認知症:高圧的な言葉は避け良い感情を与える。本人のペースに合わせる
  • 老人性うつ:話を否定をせず共感すること。趣味や運動を共有して気分転換させる

これらは一例ですが、症状によって対応方法が異なることがお分かりいただけたと思います。

信頼関係を構築する

高齢者のわがままに適切な対応を試みても改善が見込めない場合、信頼関係が破綻している可能性があります。

実の親でも介護対象となると、お互い気を遣ってしまうものです。そんな時は、家族間のコミュニケーションを見直しましょう。

信頼関係の構築のためには、まず話を傾聴し共感することから始めてみましょう。

わがままな態度ばかりだからといって、子供扱いしてはいけません。高齢者の自尊心を傷つけてしまっては信頼は得られません。

そして、介護を通して、自分は味方であるという態度を心から示せば、自然とあなたを信頼するでしょう。

絶対してはいけないわがままの対応方法

高齢者のわがままに困ったり感情的になっても、絶対にしてはいけないことがあります。

  • 要求や会話を無視する。無理に言うことを聞かせる態度をとる。
  • わがままな要求や依頼をどんなことでも聞いてしまう。
  • ストレスを抱えたまま介護を続ける。

介護をしていると、時には高齢者から無茶な要求や暴言などで、心が傷つくかもしれません。

そんな時でも、感情的になり高齢者の要求を無視したり、わざと話を聞かないフリをすると、状態が好転しないだけでなく、高齢者の病気や障害を悪化させてしまいます。

一方で、高齢者からの要求をなんでも叶えてしまうと、要求がエスカレートして介護人の負担が大きくなるばかりではなく、だんだんと要求を断れなくなっていくでしょう。

介護人がストレスを我慢し続けた結果、体調を崩したり、蓄積したストレスの吐口に高齢者を虐待する事態に発展しかねません。

介護の負担を1人で抱え込まないためにも、夫婦や家族で役割分担したり、介護のストレスを周囲に相談し発散するなど、無理のない対応を心がけるようにしましょう。

 

介護における効果的な対策

ここまでの内容は、高齢者のわがままの理由を把握し、症状に合った対応を実践することでした。

しかし、それでも高齢者のわがままが改善されない場合も大いに考えられます。

そんな時は、介護サービスの利用という選択肢があります。介護サービスには、施設などに出かけて受けるサービスの他に、自宅で受けられる在宅介護サービスがあります。

自力の介護に限界を感じたらぜひ利用してみましょう。

また、介護における対策として、高齢者と離れた生活をするという手段も検討するべきでしょう。

わがままな高齢者と同居していると、日常的な要求がプレッシャーとなり、介護人のプライベートが確保できず、ストレスが溜まりやすくなります。

日常生活の手助けが必要ない高齢者の場合は、思い切って別居することも対策の一つです。

介護サービスを活用する

介護サービスは、施設に日帰りで通うデイサービスや、自宅でサービスを受けられるホームヘルプなど、必要に応じた様々なサービスがありますが、高齢者の年齢や、要介護状態によって受けられるサービスに違いがあります。

対象者が65歳以上の場合、お住まいの市町村から支援や介護が必要と認定されると受けることのできる様々な介護サービスがあります。

一方、対象者が64歳以下で介護サービスを受けたい場合は、介護保険の対象となる特定疾病による介護認定を受ける必要があります。

各サービスの詳細は、厚生労働省が公表している介護サービスを検索できるサイトでご確認いただけます。

参考:公表されている介護サービスについて 出典元:厚生労働省

適度な距離を確保する

介護サービス以外の対策としては、介護別居があります。

高齢者と同居している場合、高齢者や介護人ともに環境の変化に強いストレスを感じているケースがほとんどです。

高齢者がある程度自立した生活ができる状態であれば、別居という選択肢を検討してみましょう。

しかし、これまで目の届く距離にいた高齢者と別居することで、緊急時の連絡体制が新たな課題として出てくるでしょう。

そこで、離れて暮らす高齢者からの連絡をシンプルな方法で解決するアイテムをご紹介します。

 

シンプル操作でヘルプメッセージ:みまもりボタン キテネ

離れて暮らす家族の介護の「困った」をボタンひとつで楽にしたい、という願いから開発されたボタンひとつでヘルプメッセージが届く、みまもりボタン「キテネ」を紹介します。

この製品がおすすめなポイントは3つです。

  • 機械操作に不慣れな方でもボタンひとつのシンプル操作
  • LINEグループでメッセージを複数人へ一斉送信できる
  • 大手通信会社の通信網の利用により外出先でも安心

開発者の介護経験から生まれたこの製品は、従来の家庭用ナースコールで課題だった配線工事や通信距離の短さを克服し、利用者とその家族の助けとなります。

複雑な操作が必要な携帯電話やスマートフォンよりも、シンプルな操作かつ、低コストのため、高齢者と離れて暮らすご家族にぜひご利用いただきたい製品です。

 

詳細はこちら

 

わがままな理由を理解して効果的な対策を考えよう

わがままな高齢者の対応で大切なことは、わがままな言動の理由を理解することでした。

そのうえで、わがままに対する心構えや対策を以下のポイントで紹介しました。

  • 性格や体調や症状を理解する
  • 信頼関係を構築する 感情的に反応したり、無視しない
  • 介護サービスを活用する
  • 離れて暮らす選択肢を検討してみる

すぐにできることから始めて、介護の負担から少しでも心をラクにしましょう。

しかし、ご家族や1人でできる介護にも限界がありますので、公的な介護サービスの活用や、思い切って高齢者との別居を検討することを提案しました。

離れて暮らすことに不安を感じる時は、家庭用ナースコール、みまもりボタン「キテネ」の利用をぜひご検討ください。

 

詳細はこちら

 

カートに追加されました